脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク★血液検査・登場!

       今後10年の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを予測できる

 新しい血液検査! LOX-index(ロックスーインデックス)検査

 

★LOX-indexとは?

動脈硬化の進行具合から、将来の脳梗塞心筋梗塞のリスクを判定する

最新の血液検査です。

当日の食事制限も無く、血液検査で簡単に分かります!!

 

検査の流れ

①  検査当日 採血(10分程度)

(検査結果が約2~3週間かかります。)

②  医師による検査結果説明

 

★動脈硬化の原因を知ろう!!

動脈硬化の原因は、LDLコレステロール(悪玉)ですが、その中でも

サビ付いた変性LDLコレステロールが「最大の悪玉」です。

変性LDLは、血管にあるLOX-1というトラップに捕まります。

これが動脈硬化のはじまりです。

 

★変性LDLとLOX1を検査することで、今後10年の発症リスクを知る!

この検査方法は、日本人約2.500名を平均約11年間追跡調査した結果、

得られたデータをもとに実施されます。

 

★LOX-indexが高い人は・・・

動脈硬化が進行する可能性が高く、血管が詰まる事が原因で引き起こされる疾患である

脳梗塞・心筋梗塞が将来的に発症するリスクが高まります。

                 

 

結果が悪くても、改善が可能です

動脈硬化の原因は、生活習慣(喫煙・過度な飲酒)ストレス運動不足による

LDLコレステロールのサビ付きが要因となります。サビ付きを抑制する事で予防が可能と言えます。

サビ付きを抑える具体的な方法に関しては、検査結果をもとに指導があります。

 

まずは、

LOX-indexで手軽に具体的なリスクを知る事から始めましょう。

 

>>>HP

http://lox-index.com/about_lox-index/

 >>>30秒でわかるリスク診断!

http://lox-index.net/shindan/

PAGE TOP