熱中症と脱水 ~塩分補給の大切さ~

 

だんだんと暖かくなり

日中には半袖でも過ごせる日があるくらいになってきました。

これから、高温多湿な季節に突入します。

今年も 正しい知識で乗り切りましょう!

 

まず、熱中症になる要因として

この時期は、まだ暑い環境に体が慣れていないこと運動による体の放熱の低下

体調不良による脱水や発熱により引き起こると言われています。


熱中症になると・・

大量の発汗やめまい・立ちくらみ・筋肉の硬直による

こむら返りなどの初期症状が現れます。

 

      脱水のサイン

☆高熱はもちろん、微熱が続く    ☆脇の下の乾き 

☆爪の先を軽く押した後、すぐに赤みが戻らない 

☆下痢や嘔吐    ☆トイレ(尿)に行く回数や量の減少 

☆食事量の減少     ☆汗が拭いても拭いても出てくる

 

重症化する前にすぐに涼しい場所へ移動し安静にすること

水分と塩分を補給することが大切になります。

 

この際に補給として適しているのが経口補水液です。

 

ではなぜ 水ではダメなのか…?


水のみをガブガブ飲むと

体は電解質濃度を保つ為に利尿作用が働くようになってしまいます。


水を飲む⇒水分を失う⇒飲む⇒失うを繰り返す結果・・・

体内の電解質濃度が薄まるという悪循環になる訳です。

 

そして、糖分と塩分を含む水が最も体に吸収されやすいのです。

 喉が乾いていなくても体は乾いていることがあります。

 こまめな水分補給を心掛けてください。

 

☆当院でも os-1を販売しております。

 

PAGE TOP