成人ぜん息患者医療費助成制度 当院で診断報告書可能

川崎市では 気管支ぜん息の治療で川崎市内の保険医療機関(または保険薬局)にかかる時、

保険証と医療証を窓口に提示すると

助成金対象となる医療については1割の自己負担で受診することができます

当院も受診している患者様がいらっしゃいますが

川崎市のみの制度ということもあり

まだまだ 知らない方もいるようですので 改めて少しご案内させていただきます

ご自身が対象になるのか・・・

まずは 下記の項目がすべてあてはまる方となりますのでご確認ください。

① 満20歳以上であること

② 川崎市に引き続き1年以上住所を有していること

③ 気管支ぜん息の診断が医師によりされていること

④ 喫煙しないこと(申請前まで喫煙していた方は誓約書の提出)

あてはまることが確認できたら

まずは診察時に医師にご相談ください。

その後 所定の様式がありますので市役所の窓口やダウンロードで報告書を取得

新規の方は検査などをし(検査によっては半年以内に施行されていればよい)

書類を作成⇒申請⇒診査⇒発行(郵送)という流れになります

川崎市のHPなどのご案内もご確認ください。

《作成時にかかる料金目安》

新規⇒診察代+診断書代(6000円)

継続⇒診察代+診断書代(3500円)

PAGE TOP